日本以外の受験事情とは

受験というと、真っ先に高校や大学の入試を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
少し前までは「受験戦争」といわれ、良い学校に入ることが最大の目的であり、幸せであると信じられてきました。
近年では、幾分学歴社会が緩和されてきたとはいえ、その分、受験は高校から中学、果ては幼稚園受験という低年齢化が進んでいます。

日本では近年、幼稚園受験のために専門の教室に通うという姿も見られるようになりました。
どうしてそこまでする必要があるのか理解できない人もいるかもしれません。
けれども、親の立場からは「高校受験で苦労するよりも、早いうちから良いところに入ってエスカレーター式で伸び伸び育ってほしい」という希望があるといいます。

受検することで将来がほとんど決まってしまう、と思いこまれていることはまだまだ少なくありません。
良い学校に入学するために子供に努力をさせるだけでなく、親もまた経済的にも環境的にも全面協力を惜しみなく行っている様子は健在です。
受験をクリアしても、その先には就職という新たな壁が立ちはだかり、ニュースでも取り上げられていますが、親が子育ての中で最も関心があるのは受験かもしれません。

このような受験事情は、果たして日本だけなのでしょうか。
近くの国である韓国では受験戦争が未だに激しいと聞きますし、中国は受験の元祖である科挙が始まった国でもあります。
さらにアメリカやイギリスではどうなっているのでしょうか。
日本以外の受験事情について調べてみました。



○注目サイト
早期教育や中学・高校受験などの指導をしている学習塾「湘南ゼミナール」のfacebookです --- 湘南ゼミナール facebook

Copyright © 2014 世界の受験事情はどうなっているのか All Rights Reserved.